わたしのリアル、死んでる?

  高校1年生の冬の書道の時間に、みんなでTwitter始めようぜ!とアカウントを作って早6年目。何度かアカウントを転々としたものの今も続けている。こんなに長く続けているSNSTwitterだけだ。
  今、動いているアカウントは使い始めて1年経った。主にジャニーズのことを呟く、所謂ヲタ垢である。このアカウントでたくさんジャニヲタさんと知り合って、遠征先で一緒にご飯食べたり、チケットを譲り合って現場に行ったり、おうちに連れ込んで鑑賞会したりした。泊まりに来ると添い寝するソフレなジャニヲタちゃんもいる。(もちろん女子)もともとこのヲタ垢を作ったのは、リア垢でジャニーズのことを呟くと迷惑がかかると感じたからだ。
  「迷惑がかかる」とはTLに興味のない見知らぬ男の子たちの画像やら動画やらがバーっと並ばれたらリア友たちは不快になるのではということである。もともとジャニーズが好きでツイートの3割程度ぐらいでジャニーズ関連の事柄を呟いていた。しかし、8割がジャニーズのことになったときTLの居心地が悪くなった。そこで、新しくヲタ垢を作ることにしたのである。
  「全然Twitter更新しないよね」と言われる。リア垢の話である。確かにもう半年ぐらい呟いてないしほとんど開いてもない。「わたしのリア垢死んでるんだよね」と笑いながら言うと「リアルが死んでるみたいだね」と返された。ある意味間違っていないかもしれない。アイドルという虚像に陶酔しててわたしリアル(現実)にちゃんと生きてる?そしてヲタ垢を使い始めて1年経った今、ことは起きた。リア友がヲタ垢を見つけてフォローし始めたのである。
  「これ、ヲタ垢だから…ジャニーズのことばっかり呟いてるから!今すぐフォロー外して!」とお願いするがリア友は「楽しそうにしててよかった、リア垢が動かないから心配してた」とか「ヲタ垢結構面白いよ」と言ってくれるのでTLを埋めがちなRTを非表示にすることと、嫌だったらリムーブ、ブロック、ミュートを気にせずしてねと先に提示して相互フォローすることとなった。
  しかし、今後どうしようとも思う。リア友にフォローされ続けていると友人たちのおすすめユーザーにも表示されてしまうし、仲の良いリア友ならいいけどあまり見られたくないと思ってる人たちもいる。鍵をかけるのは不自由だし…リア垢もちゃんと更新するべきか…??
  わたしにとってリア垢は正直要らないものである。なぜならジャニヲタやっているわたしがリアル(現実)だからだ。ジャニーズを自分から引いて何も残らないまでではないしそうはなりたくないけど、わたしを構成する一部であることに変わりはない。そこを偽ってまでSNSで人付き合いすることあるのかなと疑問に思ってしまった。